1年間バンク―バーで親子駐在生活!

えっ?私が海外生活!?

サンドマンスイーツホテルと周辺について

今回、賃貸が決まるまで滞在したホテルを紹介します。

サンドマン スイーツホテル」

家族で1泊3万円前後です。痛い出費ですが、野宿というわけにはいきません。

 

立地としてはデイビーストリートの中にあり、お店の多いロブソンストリートも徒歩圏内で行けます。

飲食店はもちろん、スーパー、ドラッグストアなども近く便利でした。

 

近所には美味しそうなパン屋さん、チーズケーキ屋さんがありました。

目の前はケンタッキーですが、それよりも目を引くのはラブショップ…(笑)

ほぼヒモな下着やストッキングを纏ったマネキンがあります。

 

このデイビーストリートはLG BTにフレンドリーな通りだそうです。私たちは見れませんでしたが、プライドパレードも行われるようです。

不動産屋さんから聞いたのでぼやっとした情報ですが…。

 

そのシンボルとしてレインボーの旗などを周辺の企業やレストランも飾っています。

f:id:misami-33:20220821163040j:image

デイビーストリートではありませんが、トイレのマークにもこんなものがありました。

f:id:misami-33:20220821165741j:image

 

その一方で、ロブソン通りの教会のところに、「NOT PRIDE」と書かれた看板の近くに水色とピンクの人の形をした紙がペアになって飾られていたり、教会の階段にぬいぐるみや靴がおいてあります。

他に英語も書かれているのですがチラッと見ただけでは何を主張しているのか分からない英語力…。

もしかしたら、LGBTフレンドリーに反対する勢力なのかなぁと邪推してみたり…。そうだとしたら、悲しい。

 

内装

f:id:misami-33:20220821163256j:image

オーブン、電熱コンロ、コーヒーメーカー、食洗機、食器、食器洗剤、スポンジなどがあります。

調味料やラップなどはありません。

弾いたコーヒー豆が個包装で置いてあります。手で折るフィルターに入れたのですが破けて全部通過しました(笑)

他にも紅茶がありました。

 

全ての道具に関して、説明書等はないので慎重に使いましょう。

洗濯機もあります。

こちらの記事を読んでから使うことをお勧めします。

「ARISTON」洗濯機の使い方 - 1年間バンク―バーで親子駐在生活!

f:id:misami-33:20220821163247j:image

サイドのランプは結構明るいです。調光機能はないです。天井からの直接照明はなくつけないと真っ暗になります。
f:id:misami-33:20220821163253j:image

天井からシャワータイプです。娘を洗うのに苦労しました。

カナダの住宅はこのタイプが多いのか、ホース式は内見に行ったうち1件のみでした。

水圧ちょっと弱め。

アメニティーは、シャンプー、コンディショナーが15CCほどのボトル1本ずつ、固形石鹸2個。

タオルは清掃を呼んで、床に置いておけば交換してくれるようですがチップ文化がよく分からず、利用しませんでした。
f:id:misami-33:20220821163250j:image

眺めはとてもいいです。夜景も綺麗です。

繁華街なので、結構うるさいです。ほぼ毎日けたたましいサイレンがなります。

金曜の夜と土曜の夜は特に喧騒がすごいです。

 

私たちは利用しませんでしたが、ジムやプールもついているようです。

 

16時ごろはチェックインの人が増えてエレベーターが混むのでお出かけの際は気を付けてください。

 

お出かけスポット

ホテルから東にサンセットビーチがあります。

そこからイングリッシュ海水浴場まで歩くといくつかのアート作品もみれます。

(後日記事を分けて紹介予定です。)

 

お散歩できる公園やドッグランもあります。

学校の校庭?が解放されていて、娘も遊ぶことができました。

このネルソンパーク周辺にはコミュニティガーデンがあり、地元の人が植えてる植物が見れます。

f:id:misami-33:20220821170526j:image

 

スーパーは少し歩いてsafe wayがリーズナブルです。

店内の写真はありませんが、焼きたてのピザやロティサリーチキンのお惣菜なども売っています。

パンや冷凍食品も豊富にあります。

なかでもスイーツコーナーのケーキが本当に美味しそうでした。

胃もたれで買えなかったので、近くに行くことがあれば買いに行きたいです。